禁煙表示やアレン・カーセラピーとチャンピックス禁煙

喫煙はがんや動脈硬化などの生活習慣病に関係していると言われており、病気の発症率を下げるためには禁煙することが最適です。
アレン・カーはかつてヘビースモーカーでしたが、1983年に禁煙に成功した体験に基づき世界中で禁煙クリニックの開設や、禁煙セラピーの著者として知られています。
アレン・カーの禁煙セラピーは、世界の35か国の言語に翻訳されており、1100万部を超えるベストセラーとなっています。
日本ではおよそ300万部の売り上げを誇っており、多くの禁煙を目指している人に読まれています。
アレン・カーが提唱している禁煙セラピーの方法や、医療機関における禁煙治療を受けることでたばこを止めることが可能となります。
社会的にも健康増進法に基づいて表示を出すことで、店内を禁煙としているお店が増加しており、各自治体でも禁煙表示ステッカーなどが配布されています。
禁煙の案内表示が増えていることもあって、喫煙がもたらす健康被害の大きさを広めることが進んでいます。
医療機関では禁煙外来が設置されているところも多く、認可を受けている病院であれば保険が適用されますので、自己負担額を減らして治療が受けられます。
医療機関で用いられている方法としては、禁煙補助剤のチャンピックスを使用する治療法が主流となっており、禁煙をすることに辛い症状が現れるニコチンの離脱症状を軽減できます。
チャンピックスはニコチンと近い構造を持っているために、脳内のニコチン受容体と結合してドーパミンの放出を促します。
それによって一定の満足感を得られるので、切望感や離脱症状を緩和させて禁煙を達成することを助けます。
チャンピックスは薬局で市販されている医薬品ではなく、医療機関で診察を受けて医師に処方してもらう薬となります。